~Bio Grafphy~

2001 : 前身Band「SNACK」から、Barglarにシフトチェンジ。これが結成。

この時期に4Trackで一日中、なにか録音していて、SNACKのDischargeリフ/Amebixの刻みリフから、徐々にBlackThrash/BlackMetalリフに変化し始めます。ウクライナDepressive Illusions Recordsから発売されている、「First Time」に初期の音源多数収録されています。

2002 : 1st Album「Black Sky」録音。1つのどす黒いBlack Thrashスタイルを形成する。

"Bones March"

RolandのVSシリーズMTRを購入したDarkness(旧Noriyuki Sodom)が、本格的に宅録し始める。Mix等かなり試行錯誤です。

2004:2nd「Darkside~魔~」3rd「Kerberos」4th「Reborns」録音。

半年間の間にたて続けに、三作品録音する。「Darkside魔」「Kerberos」「Reborns」中でも「Kerberos」は、Iggyのカバーや、SatansMarchという名曲が生まれました。「Reborns」は、なんと、20分台の長い曲を収録しています。けっこうBlackMetalから逸脱しています。

2005:Noriyuki Sodomソロ作、「Im RocknRoll King Vo1&2」録音、シングルカット「Lavian Rose」製作。

二枚組のソロ作「Im RocknRoll King 1&2」。そこから、シングルCutされた「LavianRose」は、旧式Jacket2種類あり、大阪S.A.musicでも発売されています。

"Rockn Roll Mugnum"

2006 : 一人Blackから、ドラマー「Ohii」加入、スタジオ練習に打ち込む。当時は、ハロウィンや、筋少のカバーバンドをやる。

独りBlackから、2人組になりスタジオでBarglarの曲やいろんなバンドのカバー、アレンジメントに励みました。

2009 : 5th「Chinese Evil」録音

1曲目は、壮厳なKeyに卑猥なインスト。何故か、このような曲になり当時は実険Song,今となってはPOST BLACKのはしりだと自分は思います。残りの曲はWarBlackを意識しましたが、ファストな質感、何とも言えない3曲です。

"Chinese Evil"

2013 : DSBM作「End of Life...」製作開始。

スタジオや私生活で、作りダメしていた曲を徐々に形にしていきます。

2014~2015 : 「End of Life...」完成。

この作品を製作している段階ではかなり荒んだ生活環境でしたがそれ相応の病んだ、壮大な作品に仕上がりました。成功!!!!!

"End of Life..."

2015 : 同作発売。本格的にライブ活動開始。「Grim tha Darkness」発売。

再びSNACK時代に使用していた4TRACKのMTRで何曲か録音。私は「Sin Pierrote」がお気に入りです。雰囲気も昔と比べシャープかつSolidになりました。

2016 : 海外リリース開始。「Sin Pierrote」他、多数リリース。

ドイツWolfmond Production、ウクライナDepressive Illusions Records、ロシアCVLMINITS、タイHellhouse666と続々Relese..! Darkness /Knot /Yanagiで、Pro-Recordingも夏におこないました。大須のゴローさん、ありがとう(^^) ライブ映像は, 栄Roxxの映像です。メンバー : Darkness /Knot /Sanada /Yanagi

"Sin Pierrote"

ノアStudioのゴローさん、Recording。

録音メンバー、Darkness /Knot /Yanagi

2017 : Depressive Illusions Records /CVLMINITS Release 多発...!ドイツ Wolfmond Production、"Suicide Cocktail /Gloomy Nostalzia" Release..!!

お馴染みの、Depressive illussions Recordsから、多数のTape リリース、ロシアのレーベルCVLMINITSから、過去にリリースされたアルバムやEPを一つのDiskに収めたコンバインお得版がリリースされました。大阪 S.A.musicで発売中です。ドイツのWolfmond Productionからも、2種類のE.P.がRellease。”Suicide Cocktail Demo" と”Gloomy Nostalzia”といいます。ライブは、11・11に名古屋栄タイトロープで3ピースで行いました。また、Remix作業にも取り組みました。

2017 初頭。

Remix 作品 ”Remixio de..” フランス語とラテン語?、そして日本語(笑)を織り混ぜたタイトルです。

Barglar 最古作品 ”First Time (初期音源集)なんと、2001年録音…!

"Dark Snack"

”Gloomy Nostalzia” Promo Trailar。Wolfmond Production、ありがとう。

 1曲目 "Suicide Cocktail"

”Suicide Cocktail Demo"の一番最後の曲です。

Bass /Sanada復活祭り。

2017、11・11のラウドロックイベントのライブ音源。


2018:Guitar、”Vertiefung”加入!!!!!!

再び、4ピースとなり、DarknessはピンVocal(一部ギター演奏)となり、サウンドも統合性が出てきて、いい感じになりました。

"2018 Rehearsal"

*ざっと、こんな感じですが事細かな詳細は徐々に追記していきます。